1. ホーム
  2. ノルディックスタイル

ノルディックスタイル

つくりたかったのは 質感、デザイン、耐久性、全てを満たした北欧風の家。

木、石、漆喰。歳月を“味わい”に変える自然素材の家

ハウジングピコレのノルディックスタイルは、北欧の住まいをお手本とした、「邸別専用設計」の住まい。温もりのあるシンプルなデザイン、スタイリッシュでありながらも、日本人の心に通じる叙情的な風情は、自然素材ならではの優しい趣が満ち溢れています。

北欧憧憬

ノルディックがお手本とする北欧の国々

愛すべき北欧デザイン

「日本から一番近いヨーロッパ」そう謳ったのは、北欧の国フィンランドの航空会社フィンエアー。直行便に乗れば、10時間もかからずに、北欧の真ん中まで運んでくれます。オーロラと白夜で語られることの多い北欧は、アイスランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの5つの国の総称。あの有名な椅子も、美しい照明も、大胆なテキスタイルも、洗練されたテーブルウェアも、世界最大級の家具専門店だって、そう、いずれも北欧生まれ。長くて厳しい冬を、家の中で、家族と一緒に、心地よく快適に過ごそうと生まれた、機能的な愛すべき北欧デザインです。

お手本にしたい北欧の家

寒い冬を暖かく過ごすために、長い歳月をかけて発展したもの、北欧の家もまたそのひとつです。戸外が凍える氷点下でも、北欧の家の中は暖かくて心地いい。森林の多い土地柄、木の温もりを大切にしています。厳しい寒さ対策に、断熱性や気密性にこだわると、光熱費を削減できるエコロジーな家にもなりました。呼吸する天然素材の漆喰の壁は、暮らす家族の健康までを気づかっています。そして北欧の国々は、福祉国家としても有名ですから、当たり前のようにバリアフリーになっています。こう考えてみると、なんだか、今の日本の家づくりそのもののように思えてきます。

北欧と山陰の共通点

豊かな森林に多彩な海の恵み、内気だけれど芯の強さで守り伝える木工品や陶磁器の手仕事など。気候風土が、伝統文化が、山陰と北欧は似ています。だからでしょうか、私たちが、北欧に惹かれてしまうのは。自然に逆らわず、自然に寄り添って、シンプルだけれど心豊かに生きる北欧らしさとは、過剰な便利さに慣れすぎてしまった私たちが、つい忘れがちになってしまうものかもしれません。本物のしあわせについて、本物のくつろぎについて考えるとき、北欧の暮らし方を思ってみたなら、なにかヒントが見つかるかもしれません。

常設展示場

開館時間

10時〜17時30分オープン

※水・木曜日は定休日となっております。

住所 〒690-0046
島根県松江市乃木福富町字桁の下394-26
お問い合わせ先 (0120)18-3521(受付時間 平日8:30〜17:30)
(0852)67-3521(展示場直通)

大きな地図で見る